山下書店渋谷南口店が閉店。ライバル店をお薦めする美談に感動の声も実は運営会社が同じ

シェアする

渋谷駅の東口交差点にある「山下書店渋谷南口店」が4月26日に閉店した。

IT企業が密集する渋谷において、一時は24時間営業をするなど多くの本好きに愛されてきた。

しかし渋谷駅周辺の再開発に伴い店の前にあった歩道橋の階段が閉鎖され、客足が減少。渋谷駅東口からも見えなくなってしまったことも売上に響いた。

そして多くの称賛の声が上がっているのは、閉店した店舗の張り紙。

「本、雑誌をお探しのお客様へ」と書かれた張り紙には「あおい書店渋谷南口店」をご利用下さいと最寄りのライバル店をおすすめしているように思った人が多くいたようだ。

しかし実は山下書店を運営するスーパーブックスはトーハンの子会社で「山下書店」の他、「あおい書店」「メディアライン」「スーパーブックス」などの運営を手がけている。

美談としておきたかったが、実は同じ企業の別のれんへの誘導とも言えるようだ。

スポンサーリンク

何はともあれ山下書店に感謝する声

スポンサーリンク