セール

Kindleで科学・テクノロジー本が50%OFF以上のフェア。オススメ書籍13選

現在、Kindleで「【50%OFF以上】科学・テクノロジー本フェア」が実施中です。その中からオススメ13冊をセレクトしました。
動画

「24時間戦えますか」で有名なリゲインのCM。ブラック企業の風潮を忖度した結果、エラいことになっていた

1988年に武田薬品工業の「アリナミンV」に対抗する形で当時の三共が開発した栄養ドリンク「リゲイン」。今でも多くの人に愛飲されているだろう。
ニュース

日本のIT企業と政治の関係。ロビー活動はどこまで行われている?

日本のインターネット企業は長らく政治に対しては無関心の企業が多かった。なぜ無関心だったかというと、それだけインターネット企業の経営者が若くて、無知だったからだと思う。
ニュース

「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」的な言葉で打線を組んだのでスタメンを発表しておく

ネットで話題となった用語「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」をご存知だろうか?ガンジーはインド独立運動の指導者でインド建国の父とも言われており、「非暴力・不服従」の独立運動を提唱したことで知られている。そんなガンジーが助走つけて殴るレベルということは「常識的に考えてありえないレベルの行動、状況」を指す言葉としてネット上ではよく使われている。
動画

トヨタなど名門企業80社が設立した海陽学園。教育も偏差値も学費もハンパない

海陽学園という学校をご存知だろうか。設立は2006年4月とまだ歴史は長くないので知らない人も多いかもしれない。トヨタ自動車とJR東海、中部電力の3社が中心となり、80社を超える地元を中心とする名門企業が出資しあって、次の時代のリーダーを育成するつくった学校だ。トヨタ自動車の豊田章一朗名誉会長が理事長で校長は東京大学名誉教授も務めている人物が2代連続で務めている。
セール

花より男子のカラー版マンガがKindleで5巻まで無料。記念してドラマの名シーンまとめ

Amazonの電子書籍ストア「Kindle」で現在「花より男子」が電子書籍特有のカラー版となって5巻まで無料となっている。松本潤・井上真央・小栗旬など人気タレントの出演で話題となった名作。男性は原作を見たことがない人も多いと思うが、この機会にチェックしてみよう。
ニュース

電子が紙を上回った漫画市場規模。この文化は日本人が世界に誇ることができる特権だ

2017年(1~12月期累計)のコミック市場の統計が2018年2月26日に出版科学研究所から発表された。
セール

ホリエモンも絶賛した漫画「デリバリーシンデレラ」がKindleで2冊期間限定無料に

ホリエモンもかつて絶賛し、単行本化の際には帯まで書いた「デリバリーシンデレラ」がKindleで1・2冊無料となっている。内容は昼は女子大生、夜はデリヘル嬢という内容だが、現代を生きる灰かぶり姫のハートフルストーリーだ。
セール

人気漫画「寄生獣」がフルカラーコミックで3冊無料に。この機会にフルカラーの体験を

2014年から日本テレビでTVアニメが放送され、その後実写映画化もされた人気漫画「寄生獣」がKindleで1巻~3巻まで無料公開されている。
セール

2017年「このライトノベルがすごい!」で単行本・ノベルズ部門1位「オーバーロード」がなんと70%OFFセール!

著者・丸山くがねによる小説で2017年の「このライトノベルがすごい!」で単行本・ノベルズ部門1位に輝いた「オーバーロード」がKindleで1巻~10巻まで70%OFFセールとなっている。
ニュース

楽天とGREEのクレドカードが似ている理由

2日続けてGoogleのクレドとネットエイジのクレドの記事で反響を頂いたので、今回は楽天とGREEについて紹介します。
動画

20代の頃のホリエモンの考え方が意外だった。「人生経験が大事。でも・・・」

ホリエモンがマザーズに上場を果たした直後の28歳(2000年当時)の動画を見つけたが、やはり尖っている。(だから創業時の社名が「エッジ」「オン・ザ・エッジ」だったのだろうか?)
ニュース

日本のインターネット業界にネットエイジ出身者が多いのはクレドに理由がある

昨日更新したGoogleのクレドに関する記事の反響が大きかったので、今回は日本のIT企業で優秀な経営者を多く輩出している企業のクレドについてお話します。
決算分析

ドロップシッピング最大手「もしも」が業績拡大中!?TopSellerなど新しい仕組みはアフィリエイトより儲かるのか?

3月13日に発表されたドロップシッピング最大手である株式会社もしもの決算発表を見て驚いた。なんと業績が急回復しているのだ。サービス開始から11年で一体、何が起こっているのか。
ニュース

過去最高クラスにバズった8ページの漫画。その衝撃的な結末とは

お笑いに必要な「緊張と緩和」。それが漫画にも必要かもしれない。多くを語るのは不要でしょう。8ページ程度なので、見てみましょう。