ヒカキン流「ストイックな高速PDCA」の重要さ。トップYouTuberになれたのは必然だった!?

シェアする

以前、ヒカキンの24時間密着動画を見てストイックな人だなと思っていたけど、そのストイックさは昔からだったようだ。

やはりどのジャンルでも成功している人物はストイックに物事を追求している人が多い。

参考 ヒカキンの24時間密着動画

缶コーヒーの空きボトルがゴミ袋にぎっしり。1日14時間ほどずっと作業していた。

スポンサーリンク

ストイックな高速PDCAで成功しないはずがない!?

話題のR25のインタビュー記事によるとYouTuberに成り始めの頃は、初任給13万円くらいで1年目は動画制作のためにビデオとPC、スピーカーを購入。10万円くらいの貯金しかできなかったが、2年目以降は朝ごはんは、コンビニの肉まん1個。昼と夜は、社食で一番安い200円の定食。冷たいご飯とぬっるい味噌汁におかずの定食を、4年間食べ続けたという。

その後、トップYouTuberに登りつめたが、今でもネタの企画から撮影、編集、投稿まで全て1人でやっているようだ。

先日、ひろゆきの推奨する「安定した収入を得つつ、ワンチャン狙い」について紹介したが、「低い収入でも出費を切り詰め、ストイックに目標達成の努力を続けた」のがヒカキン。

そして重要なのはヒカキンが業界のトップを研究し尽くし、寝る間を惜しんで動画作りに励んだこと。最初は真似から入り、再生数などの数値を見ながら、PDCAでさらに良いやり方を徹底的に追求していったようだ。

型にはこだわらず、時代に合わせて自分や動画の内容を変化させていったという。

ストイックな高速PDCA

どの分野でも成功する方程式だが、できる人はほんの一握りだろう。

ヒカキンのストイックさを称賛する声

スポンサーリンク