スポンサーリンク

【悪用厳禁】CIAのマニュアルから学ぶ会社組織をダメにする方法

シェアする

第二次世界大戦時のCIAの極秘資料がアメリカの情報公開法を元に2015年にCIAのスパイマニュアルが公開されました。

cia-manual

CIAが敵国内に入って相手の生産性を落とすためのマニュアルですが、経営者や管理職の方は自分の組織に当てはまっている点が無いか、改めてスパイマニュアルの内容を見てほしい。

スポンサーリンク

Kindle本 400円OFFクーポン配布中

CIAのスパイマニュアル

英語ができる人は実際のスパイマニュアルを見て欲しいが、日本語訳は以下のとおり。

・「注意深さ」を促す。スピーディーに物事を進めると先々問題が発生するので賢明な判断をすべき、と「道理をわきまえた人」の振りをする

・可能な限り案件は委員会で検討。委員会はなるべく大きくすることとする。最低でも5人以上

・何事も指揮命令系統を厳格に守る。意思決定を早めるための「抜け道」を決して許さない

・会社内での組織的位置付けにこだわる。これからしようとすることが、本当にその組織の権限内なのか、より上層部の決断を仰がなくてよいのか、といった疑問点を常に指摘する

・前回の会議で決まったことを蒸し返して再討議を促す

・文書は細かな言葉尻にこだわる

・重要でないものの完璧な仕上がりにこだわる

・重要な業務があっても会議を実施する

・なるべくペーパーワークを増やす

・業務の承認手続きをなるべく複雑にする。一人で承認できる事項でも3人の承認を必須にする

・全ての規則を厳格に適用する

会社が小さい内、また創業者に権限が集中しているようなオーナー企業の非上場会社などは、このようなマニュアルは通用しないことも多いと思いますが、組織が大きくなればなるほど有効になると思います。

読者の皆様の所属する企業がどの程度の規模かわかりませんが、多かれ少なかれ思い当たるところはあるのではないでしょうか?

ここには確かに組織の生産性を悪くし、従業員のモチベーションを低くするためのノウハウが詰まっている。

経営者や管理職は改めて、自分の企業内にCIAのスパイが紛れ込んでいないか確認してほしいものです。

スポンサーリンク